猫にはヤギミルク!どんな効果がある?牛乳より優れている3つの理由とは?

猫にはヤギミルクがおススメ

猫のストラバイトや膀胱炎、含流アミノ酸を積極的に摂取する方法とは?
では、ヤギのミルクをおススメしています。

なぜ猫にはヤギミルクなのか?

この記事ではヤギミルクが牛乳より猫に向いている、
その理由をわかりやすく説明しています。

猫にヤギミルク、牛乳より優れている点とは?

牛乳とヤギミルク、どちらも含流アミノ酸が豊富で、
(含流アミノ酸については
猫にとっての含流アミノ酸~ストラバイト予防や対策に不可欠!
の記事でわかりやすく説明しています、読んでくださるとうれしいです)
猫の膀胱炎やストラバイトの予防、対策に効果が高いです。
液体として飲んでもらえば水分摂取の助けにもなりますし
なにより栄養バランスが良い。
主食として与えられる総合栄養食に近いバランスだと思います。

「だったら牛乳でできた猫用ミルクでもいいよね?」

はい、牛乳由来の猫用ミルクにも優れた商品はたくさんあります。
しかし、ヤギミルクには牛乳にはない良い点がいくつかあるんです。

アレルゲンが少ない

ミルクに含まれるタンパク質の約80%がカゼインと呼ばれるものです。
これは牛乳もヤギ乳もほぼ同じ。
カゼインは含流アミノ酸が豊富で、
猫の膀胱炎やストラバイトの予防や対策にとても有効です。

しかしここでちょっと困ったことが。

カゼインには大きく分けて3種類あり、
そのうちのひとつにαs1カゼインと呼ばれるものがあるのですが
このαs1カゼイン、牛乳アレルギーの原因になってしまうことがあるのです。

でもヤギミルクは牛乳に比べるとαs1カゼインがかなり少ないんです。
どれくらい差があるかというと

牛乳    約30%
ヤギミルク 約10%

かなりの差ですよね。
同じミルク、同じカゼインの含有量なら
アレルギーリスクが少ないヤギミルクのほうがよいと思いませんか?

タウリンが多い

タウリンはアミノ酸の一種(厳密にはちょっと違うんですが)、
猫にとってはとても大切な栄養素のひとつです。

タウリンは、胆汁酸と結びつくことでコレステロールを減らしたり、心臓や肝臓の機能を高めたり、視力の維持、インスリン分泌促進、高血圧の予防、と
さまざまな働きをしてくれます。

不足すれば、心臓疾患や視力の低下、肝機能の低下、高コレステロール状態からの肥満や動脈硬化、など猫の健康にとって大きな悪影響が。

しかしこのタウリン、ヒトや犬は体内で生成できますが、猫はできません。
ヒトや犬と違い、猫は食物から直接タウリンを摂取しなければならないんです。
よく「ドッグフードは猫に与えてはいけない」と言われる
理由のひとつがこれで、犬は体内でタウリンを生成できるので、
ドッグフードにはタウリンがさほど含まれていないためです。

前置きが長くなりましたが、
ヤギミルクのタウリン含有量は牛乳の、なんと20倍、だそうです。
このことはヤギミルクを販売しているショップさんの
ほとんどが触れているのですが、あまりの数値の差の大きさに
管理人もみじは正直言って「ほんとかな~?」とちょっぴり疑ってました。
なので調べてみたのですが、どうやら本当のようです。

北海道畜産学会報という学会誌にヤギ乳についてのレポートがあったのですが
(現在この学会誌は他の学会誌と統合しているようです)
このレポートによると

牛乳のタウリン   2μmole/100ml
ヤギ乳のタウリン  113μmole/100ml 

だそうです、20倍どころか50倍じゃないですか、びっくり。
50倍なのか、20倍なのか…どちらにせよヤギミルクのほうが
タウリン含有量に関してはダントツに優れているようです。

不足すると猫の健康に大きな悪影響があるタウリン、
ヒトや犬と違い、猫は食べ物から直接摂取しなければいけないタウリン。

そんなタウリンがより豊富に含まれているヤギミルク、
猫にとってとてもよい食品だと思いませんか?

中鎖脂肪酸が多い

中鎖脂肪酸は、消化吸収がよく、猫の体に負担が少なく、
ダイエット効果も期待できるんです。

詳しいお話の前に脂肪酸についてちょっとだけ。

脂肪酸は脂質を構成する成分で、脂質の性質を左右するものでもあります。
健康やダイエットの話題が出た時、リノール酸とかDHAとか、
聞いたことはありませんか?これも脂肪酸の一種です。

脂肪酸は、炭素、水素、酸素、この3つでできていますが
この中の炭素の数で、短鎖、中鎖、長鎖の3つに仲間分けされています。
炭素が鎖みたいにつながっているのでそう呼ばれていて
炭素が少ないと短鎖、多いと長鎖、その中間が中鎖、というわけです。
たとえば、上に書いたリノール酸とかDHAは炭素が多いので、長鎖脂肪酸です。

ヤギミルクには、中鎖脂肪酸が牛乳の約2倍含まれているのです。
これが猫にとってとてもいいんですよね。

中鎖脂肪酸には

  • 消化吸収が他の脂肪酸より約4倍速い
  • 素早くエネルギーになり体脂肪になりにくい

という特徴があります。
消化吸収が速いということは、猫の体への負担が少なくなるし
すぐにエネルギーになれば、脂肪として蓄積されにくいので
肥満防止にも役立つ、という優れものなんですね。

中鎖脂肪酸は、ココナッツオイルやヤシ油などに多く含まれますが
猫が食べるような肉や魚にはほとんど含まれていません。
ヤギミルクは猫が中鎖脂肪酸を摂取できる、とても貴重な食べ物なのです。

猫にヤギミルク、こんな猫に特におススメ

ヤギミルクはどんな猫にもおススメの優秀なミルクですが
以下のような猫には特におススメです!

子猫にヤギミルク

子猫の時期は特に良質な栄養がたくさん必要。
ヤギミルクは高タンパク、高脂肪で消化吸収もよく
子猫の栄養補給にぴったりです。

食の細い猫にヤギミルク

歳をとって食事量が減ってきてちょっと心配、
まだ若いけどとにかく食が細くて少ししか食べてくれない、
そんな猫の栄養補給にヤギミルクは特におススメです。

腎不全の猫にヤギミルク

猫の慢性腎不全では、体内のタンパク質をエネルギーに変えてしまわないよう
しっかり食べてカロリー摂取することがとても大切です。
でも猫は腎不全になると食欲が落ちてしまう子が多いですよね。
そんな時、素早く消化吸収され、すぐにエネルギーになってくれる
中鎖脂肪酸が豊富に含まれたヤギミルクがおススメです。
腎不全の猫にとって、とても優秀なエネルギー源になりますよ。

まとめ~猫にはやっぱりヤギミルク!

ヤギミルクは、猫の膀胱炎やストラバイトの予防や治療の助けになり、
タウリンたっぷりで栄養価も高く、
中鎖脂肪酸のおかげで猫の体に負担の少ないエネルギー源にもなってくれる、
猫の体によく合う優秀なものなんです。

愛猫の健康と長生きのために、ヤギミルクを試してみませんか?