猫にとっての糖質~肥満や糖尿病の原因に?!ドライキャットフードだけ、にご用心

猫にとって多すぎる糖質は危険!猫の食事、栄養

猫にとって糖質とはいったいどういうものなのでしょうか?

猫も人と同じように、体内で糖質をブドウ糖に変換して
エネルギーとして使うことができますが、
人とは違い、糖質を使いこなすのがちょっと苦手な生き物なんです。

猫にとって糖質とはどういうものか、わかりやすく書いてみました。

糖質=甘いもの??

糖質と書くとなんとなく「甘い味のするもの」を想像してしまいますね。
しかし、糖質とはお菓子など甘い味のするものだけに
含まれているわけではないんです。

糖質は砂糖などの甘味以外に「でんぷん」も含まれます。
でんぷんは米や麦、とうもろこしやじゃがいもなどに多く含まれています。

ここまで読んで「ん?」となった方もいるのではないでしょうか?

そう、でんぷんが多く含まれるこれらの食材は
キャットフードにもよく使われていますよね。

猫は糖質の消化が苦手!

猫は糖質の消化が苦手な生き物です。

ヒトは唾液の中に糖質の消化酵素であるアミラーゼが存在しますが
猫にはそれがありません。
ヒトはご飯をよく噛むと甘みを感じますが、
あれは唾液中のアミラーゼが糖質を分解してブドウ糖を作り出すからです。
つまりヒトの場合、口の中でアミラーゼによる消化活動が始まっているんです。

猫には唾液にアミラーゼがないので、それができません。
口に入った糖質はまったく消化されない状態で胃袋へ直行しちゃいます。
口に入ったその時点で消化面でのハンデがあるんですよ。

猫は肉食獣なので、もし野生生活を送っていたら、
自分から穀物やトウモロコシ、ジャガイモなんかを
食べることはまったくありません。
食べるとしたら、捉えた小動物の胃の中にある消化途中のものくらい。
肉食獣本来の食生活なら、糖質の消化酵素であるアミラーゼなんて
ほんのちょっぴりしか必要ないんですよね。

だから唾液の中だけでなく、すい臓で作られるアミラーゼの量も
雑食のヒトや犬より少ないんです。

猫の糖質過剰摂取は糖尿病の原因にもなる?

個体差があることなので絶対というわけではありませんが、
猫が多すぎる糖質を食べ続ければ、糖尿病になってしまうリスクは
確実にあがるでしょう。

猫も人と同じように、糖質を摂取すると膵臓がインスリンを分泌しますが、
食事に糖質が多く含まれていれば、
インスリンもドバドバっとたくさん出てしまいますよね。

これを長年繰り返すことで、
インスリン反応が鈍くなったり、膵臓の疲弊で
インスリンの分泌が不足したりする、
いわゆる2型糖尿病になるリスクが増大するのではないでしょうか?

また、糖尿病にまでいたらなくても膵臓の疲弊による炎症、
つまり膵炎になるリスクも増大するでしょう。

また、インスリンには体内に脂肪を蓄えて太らせる働きもあるので、
肥満になりやすいとも言えますね。
(猫にとってのインスリン~肥満ホルモンと呼ばれる理由とは?
を読んでもらえたら、もっと詳しくわかっちゃいます)

気をつけて!カリカリのキャットフードに含まれる糖質は意外と多い

多くの猫の飼い主さんが愛用しているカリカリのキャットフード。
ドライキャットフードとも言いますが、
ドライキャットフードにはかなりの糖質が含まれていることを知っていますか?

一般的なドライキャットフードだと、だいたい35%~40%くらい、
高タンパク、グレインフリーで、良質なドライキャットフードでも、
25%~30%くらいは糖質なんです。

(どうしてわかるの?と思った方はキャットフードに含まれる糖質を計算する超カンタンな方法を読んでみて!
誰でも簡単にキャットフードに含まれる糖質量を計算できちゃいますよ)

捉えた動物の胃の中に残っているちょっぴりの穀物や木の実くらいしか食べないであろう、ネコ科の生き物である猫にとっては多すぎる量だと思いませんか?

まとめ~猫にとって糖質はちょっぴりで十分!愛猫の食事、見直してみませんか?

ドライキャットフードだけを与えている飼い主さん、
「猫にとって糖質はちょっぴりで十分!」なんです。
多すぎる糖質は、食物アレルギーや肥満、糖尿病の原因にもなります。

愛猫の健康のために、今の食事を見直してみませんか?
そのためにも

猫にとってのインスリン~肥満ホルモンと呼ばれる理由とは?

猫にはウェットフードがおススメ!その3つの理由ともっとも重要なもう1つの理由とは?

を一緒に読んでいただけるとうれしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました