猫のダイエット、本当に正しい食事とは?おすすめキャットフードもご紹介!

猫のダイエット、正しい食事とは? 新発想猫ダイエット

愛猫のダイエット、がんばってるけど
なかなか痩せてくれない、効果が出ない。

そんな悩みを持つ飼い主さんも多いと思いますが、
そのダイエット、その食事、本当に正しいですか?

食べたがっているのにガマンさせるだけの
猫にとってつらいダイエットになってしまっていませんか?

猫は肉食獣であることを基準に食事を考えよう

猫は肉食獣、肉食獣にふさわしい本来の食事の姿は
キャットフード、特にドライフードとは
大きくかけ離れているのが現実です。

本来の食事の姿とは
捕らえた動物を食べるだけの食事、ということ。

こういう食事をしていると
エネルギー(カロリー)を得る手段は
タンパク質と脂肪がほとんど、糖質はちょっぴり。

でも、室内で大切に飼われている猫の食事は
ほとんどの場合、キャットフード。
それもドライキャットフードをメインに与えている
飼い主さんが多数派です。

しかし、多くのドライフードは
肉食獣本来の食事の姿である
タンパク質と脂肪がたっぷり、糖質ちょっぴり、
とは言えないものが多く、
タンパク質と脂肪がそこそこ、
肉食獣には多すぎる糖質、というのが現実です。

このような食事こそが、猫を太らせる。
管理人もみじはそう考えています。

肉食獣の猫は、糖質で太る!

猫は肉食獣、肉食獣本来の食事は
タンパク質と脂肪がたっぷり、糖質はちょっぴり。

でも、キャットフード、特にドライフードは
タンパク質と脂肪はそこそこ、糖質が多い。

こういう食事、ドライフードメインの食事の
いったい何がいけないのか?

それは、猫にとっては「多すぎる糖質」です。

肉食獣の猫は、糖質を上手に利用するのが苦手。
そりゃそうです、
だってもともとほとんど食べないものなんですから。

なぜ上手に利用するのが苦手かと言うと、
猫はインスリンの分泌が増えやすいからなんです。

糖質を摂取すると、血糖値が上がりますが
これをコントロールするのがインスリン。

インスリンはすい臓から分泌されますが
猫は同じ量の糖質を摂取していても
ヒトや犬よりたくさんのインスリンを必要とするんです。

インスリンの分泌が多いと太りやすくなります。
それは、インスリンには脂肪を溜め込んだり
分解しにくくなる働きがあるから。
ヒトの世界で糖質制限ダイエットが
ブームになったのも、これが理由のひとつなんですよ。

猫はヒトや犬よりインスリンの分泌が増えやすい。
だから糖質をたくさん食べると太りやすくなるんです。

猫と肥満、インスリンの関係については
下の記事でも詳しく解説しています。
ぜひ読んでみてくださいね。

猫の肥満対策には、糖質の少ない食事を!一番カンタンな方法とは?

猫はヒトや犬よりインスリンの分泌が増えやすい。
だから猫のダイエットには、低脂肪、低カロリーよりも
低糖質、つまり糖質の少ない食事が効果的。

 

「糖質の少ない食事」って言われても
どうすればいいのかよくわからないな。

そうですね、ちょっとわかりにくいですよね。

そこで、管理人もみじは誰でも簡単に、
すぐできる「糖質の少ない食事」を提案したいと思います。

それは「ウェットフードを与える」こと。

愛猫の食事はドライフード、という飼い主さんは多いと思いますが、
今与えているドライフードの一食分を
ウェットフードに置き換えてもいいし、
毎回の食事でドライフードを減らして
その分ウェットフードを混ぜたり
トッピングしたりしてもいいです。

それだけで、「糖質の少ない(太りにくい)食事」に
なってくれますよ。

ウェットフードの割合を増やせば増やすほど
糖質は少なくなります。

ウェットフードは糖質が少ない、猫本来の食事に近い栄養バランス

ほぼすべてのウェットフードは
ドライフードよりかなり糖質が少ないんです。
ものによっては糖質ほぼゼロ、のものもあります。

だから、ドライフードと組み合わせることで
糖質が多くなりがちな食事を改善することができますし、
ウェットフードの割合を多くすればするほど
糖質の摂取量をへらすことができます。

ドライとウェット、糖質の量って

どれくらい違うものなのかな?

そうですね、キャットフードにどれくらい糖質があるか、って
フードの袋などを見てもどこにも書いてないですし、
ウェットフードは糖質が少ないよ、と言われてもピンとこないですよね。

フードにより違いはありますが、
ドライフードだと、30%~40%くらい、
ウェットフードなら、0%~20%くらい、でしょうか。

ドライフードとウェットフードの糖質量の比較については
下にご紹介する記事の後半部分で
同じフードメーカーのドライとウェットで
詳しい比較をしています、ぜひ読んでみてくださいね。

猫のダイエットにぴったりのおすすめウェットフードをご紹介!

猫のダイエット、肥満対策には
糖質の少ない食事が効果的。

なので、糖質が多くなりがちな
ドライフードだけの食事より、
糖質の少ないウェットフードを取り入れて
糖質の摂取量を減らすことで
ダイエットに適した食事にすることができますよ。

ご紹介するウェットフードは
どれも糖質がほぼゼロ、
もしくはとても少ないものばかり。

ドライフードだけの食事に取り入れることで
ダイエットに適した食事になってくれますよ。

ティキキャット ベルベットシリーズ

ティキキャットはアメリカのフードメーカー。
まだ日本で販売されるようになって日が浅いので
知らない人も多いかもしれませんが
なかなかの高品質フードです。

【ティキキャットの公式HP】

Tiki Cat(ティキキャット) | 全米で大ヒット!! 通販口コミサイトで常に上位レビューを獲得
バラエティ豊かなラインアップ高品質な素材を生かしたこだわりのコンソメスープ仕立てでお肉やお魚がたっぷり入った高たんぱくフード。全米の愛猫家が高く評価するティキキャットがついに日本上陸!!

成分分析値

タンパク質 14%
脂肪 4.5%
粗繊維 1%
灰分 2%
水分 80%
糖質 0%

原材料(ベルベットシリーズのマグロ&サバ)

マグロブイヨン、マグロ、サバ、乾燥たまご、ヒマワリ種子油、増粘安定剤(キサンタンガム)、食塩、タウリン、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラル類

カロリー 80kcal/100g

レトルトパウチです。

とても柔らかいムース、
固形物はほぼナシでなめらかです。

値段:80g 319円
コスパ:10gあたり39.8円

ティキキャットベルベットシリーズの
マグロ&サバは、なんと糖質ゼロ!
猫のダイエットにぴったりのウェットフードです。

有害な添加物は使われておらず、
安全性の高い良質なフードだと思います。

かなり柔らかめのペーストタイプなので、
ウェットフードを上手に食べるのが苦手な猫でも
舌でペロペロしてきれいに食べられるんじゃないかな?

ティキキャットには、ベルベットシリーズ以外に
ルアウ、アフターダークがありますが、
栄養バランスが良いのはベルベットシリーズ。
管理人もみじはティキキャットならベルベットをおすすめします。

ベルベットシリーズには、マグロ&サバ以外にも
チキンやサーモンもあります。
マグロ&サバ以外は1%ほどの糖質を含みますが、
1%とか、ホントに微量なので
あまり気にせず愛猫の好む味を選んでよいと思います。

リリーズキッチン クラシックチキンディナー

リリーズキッチンは、イギリス生まれのキャットフード。

品質の良さと高い安全性が認められ、
ロイヤルワラント(英国王室ご用達)の称号を授与されています。

成分分析値

タンパク質 10%
脂肪 5.5%
粗繊維 0.3%
灰分 2.2%
水分 82%
糖質 0%

原材料

チキン、ミネラル類、サーモン油、カラギーナン

カロリー 89kcal/100g

リリーズキッチン

パッケージデザインが可愛いです。

米粒より小さな固形物らしきものが
ありますが、全体的には
なめらかなパテタイプのフードです。

値段:85g 297円
コスパ:10gあたり34.9円

リリーズキッチンのクラシックチキンディナーも
ティキキャットベルベットシリーズ同様、糖質ゼロ!

原材料はとてもシンプル、かつ高品質。
猫にとって有害な添加物は一切使用していないので
安心して与えられますよ。

クラシックチキンは肉類に鶏肉だけを使用していますが、
同じシリーズの子羊のキャセロールはラムとポークが、
ハンターホットポットには鹿やイノシシ、ポークなど
複数の肉類を使用しています。
猫さんの好みに合わせてえらんであげてくださいね。

※9/4現在、Amazonではリリーズキッチンの取り扱いはないようです。
いつもAmazonを利用されている方はごめんなさい、楽天で探してみてください。

アルモネイチャー オーガニックサーモン

アルモネイチャーはイタリアのフードブランド。

創業当時から、ドライフードとウェットフードの併用を推奨し、
数あるフードメーカーの中でも
ウェットフードのバリエーションがとても豊富です。

成分分析値

タンパク質 9.5%
脂肪 5.0%
粗繊維 0.2%
灰分 2.0%
水分 82%
糖質 1.3%
   

原材料

肉類(ポーク チキン)(有機)、 魚類(サーモン)(有機) 、ミネラル類

カロリー 83.1kcal/100g

乾燥重量計算後の糖質量 7.2%
(乾燥重量とは、水分を抜いた状態で
計算し直したものです。水分の少ない
ドライフードとの比較が正しくできます。)

中央にある緑色の葉っぱのような
マークがオーガニックの認定マークです。

 

柔らかめのパテタイプ。
ごく細かい固形物がありますが
全体的にはなめらかな感じです。

値段:85g 330円
コスパ:10gあたり38.8円

ティキキャットやリリーズキッチンと違い、
アルモネイチャーのオーガニックシリーズには
糖質が少し含まれています。

それでも、乾燥重量でたったの7.2%。
一般的なドライフードに比べるとすごく少ないです。

ユーロリーフ(EUのオーガニック認証機関)を取得しているので
有機食材の使用率は95%以上、
残留農薬や抗生物質などの薬剤による負担の心配がなく、
内臓がセンシティブな猫さんにも安心して与えられます。

我が家では、サーモンを一番よく食べてくれるので
いつもサーモンばかり買ってしまいますが
他にもチキン、ビーフ、ターキーと種類が豊富なので
猫さんの好みに合わせて選んであげてくださいね。

猫にウェットフードを与えるときのちょっとした注意点

基本的には、あまり難しく考えずに
猫の様子を見ながら与えればよいのですが、
ウェットフードを食事に取り入れるときに
ちょっと考えてほしいことを書いてみました。

ウェットフードだけ、は基本的にNG!

ウェットフードを与えてみたら
すごく喜んで食べてくれた!
もうドライフードはやめて
ウェットフードだけの食事にしようっと♪

猫せんせい
猫せんせい

いやいや、待ってください。
おいしいものを食べられるのはうれしいけれど
ウェットフードだけの食事は
ちょっと困るのですよ。

猫せんせいのおっしゃる通り、
基本的にウェットフードだけの食事はやめたほうがよいです。

なぜウェットフードだけの食事がダメなのか?

それは腸内環境が悪化しやすくなるからなんです。

程度の差こそあれ、多くのウェットフードは
糖質がとても少ないです。
だからこそ、猫のダイエットに効果的であることは
すでにご説明しましたが、
糖質ゼロ、糖質の極端に少ない食事は
腸内環境を悪化させてしまうことが多いんですよね。

腸内に生息する細菌に、善玉菌と悪玉菌がある、ということは
わりとよく知られていることですが、
善玉菌は食物繊維や糖質をエサにするのに対し、
悪玉菌は、タンパク質や脂肪をエサにします。

なので、糖質ゼロやとても少ない食事だと
善玉菌のエサが不足し、悪玉菌のエサがたっぷり。
このことで腸内環境が悪化しやすくなるんです。

肥満対策に、糖尿病対策に、
糖質の少ない食事は猫にとって重要ではありますが、
極端に糖質を減らすことはそういう弊害もあり、
バランスを考えることも大切なんです。

糖質の少ないウェットフード、
糖質が多めのドライフード、
バランスよく食べてもらうことが大切ですよ。

ただし、ウェットフードの中には
穀物や野菜を取り入れて糖質量がそれなりに多いものもあります。
そういうタイプのウェットフードなら
ウェットフードだけの食事でも大丈夫ですよ。

ウェットフードはどれくらい与える?

ウェットフードはどれくらい与えれば
ダイエットに効果が出てくるのかな?

ハイ、それって結構難しいご質問です(汗

猫さんの肥満の程度、年齢や体重と言った
個体差により変わってくるものなので
一律にコレ!、と言った決まった量はありません。

ダイエット効果だけを目指すのなら
とにかく糖質量を減らすために
ウェットフードだけの食事でもいいわけですが
上で書いたように、腸内環境のことも考える必要があります。

腸内環境の良し悪しは、基礎代謝にも関連してくるので
長い目で見たら、ある程度の糖質は摂取してもらったほうがよいです。
(腸内環境が悪いと基礎代謝が落ちて太りやすくなります)

まずは見た目6:4を目指してみよう!

そこで、管理人もみじのおすすめは、「見た目6:4」です。

これはウェットフードとドライフードの割合が
見た目でなんとなく6:4くらいの割合、ってことです。

実際に並べてみるとこんな感じ。

なんとなく、見た目が6:4になってると思うんですが、どうでしょうか?

ちなみにドライフードはナウフレッシュのアダルト、
(100gあたり約400カロリー)
ウェットフードはプレイアーデンの缶詰タイプ。
(100gあたり100カロリー)

上の画像は猫1日分の食事です。
ドライフードが30gで約120カロリー、
ウェットフードが120gで約120カロリー、
両方を食べればざっくり240カロリー、という計算です。

フードのグラム数とカロリーを見てもらうとわかりますが、
この「見た目6:4」だと、
自然とドライフードが1日分の約半分になるんですよね。

フードのカロリーや1日のカロリー摂取量によって
多少の違いは出ますが、
見た目6:4で、1日に必要なカロリーをまかなおうとすると
自然とドライフードの量を半分に減らすことができる、ってわけです。

今までドライフードのみの食事を与えていたなら、
ウェットフードを上でご紹介したような
糖質が少ないタイプのものを選べば
1日の糖質量を約半分に減らせちゃう、ってことです。

フードにより違いはありますが、
平均的なドライフードの糖質量は30%~40%くらいです。
これが半分になれば、15%~20%になる。
この差は結構大きいですよ!

なので、今までドライフードだけの食事、
ウェットフードも与えてたけどちょっとだけ、の飼い主さんには
まずこの「見た目6:4」をおすすめしたいです。

最初にドライフードだけをざっくり計算して
1日に必要な量の半分だけ計ってしまえば
あとは「見た目6:4」になるように
ウェットフードを与えればよいだけです。
カンタンで手軽にできますよ。

カロリーは気にする必要なし!食べる量も基本的に自由でよし

1日何カロリーにすればいいの?
ダイエットなんだから
ちゃんと計算しないとダメですよね?

いえいえ、カロリーはあまり気にしなくても大丈夫。
糖質の少ない食事をすれば、
高カロリーの食事でもダイエットはちゃんとできます。

このことは管理人もみじが
愛猫のダイエットに成功した時に実感してます。
ダイエット用の低カロリー食ではまったく痩せなかった愛猫が
高タンパク高脂肪低糖質の食事で
あっけないほど簡単に、ダイエットに成功しているからです。

食べる量も、基本的には猫にまかせてしまってよいです。
動物は本来、必要以上には食べません。
もし、今までより高カロリーの食事をすることになったら
その分、なんとなく食事量は減ると思います。
追加のおねだりをされることもあるかもしれませんが
その時は、ドライではなくウェットフードを少し与えてください。

でも、もしあなたの愛猫が、とてつもない食いしん坊だったら?
いつものドライフードを半分に減らし、
見た目6:4になるようにウェットフードを与えても全然満足できず
果てしなく欲しがってしまうような場合は、ちょっと別です。

異常な多食には、必ず原因があります。
食事の内容も含め、愛猫の体の状態を考えて
対策を練る必要があるかもしれません。
気になったら、どうぞ下の記事も合わせて読んでみてください。
思い当たることがあるかもしれません。

難しく考えすぎないことも大切、個体差に合わせる柔軟性を忘れずに

なんか適当っぽい…ダイエットなんだから
もっときちんと計量して
与えたほうがいいんじゃないかな?

ハイ、けっこう適当なんです。
でも、それでこそ猫の個体差に合わせる柔軟性を確保できるんだと思ってます。

猫は生き物、機械じゃありません。
似たような体重、体型でも一日に食べる量はそれぞれに違いますし
ここでおすすめしている糖質量を減らすことも
どれくらい減らすのがベストなのかは、猫によって違ってきます。

「見た目6:4」をベースにしつつも、
かなり重度の肥満だから減量を急ぎたい時や
6:4じゃイマイチ効果が感じられない、と思ったら
より糖質摂取量を減らすために、
6:4→7:3、場合によっては8:2にしてもよいし、
もっと食べたいみたいで催促されちゃう!と言う時は
糖質の少ないウェットフードのほうを
少しくらい追加してあげてもよいです。

キャットフードの袋に書いてある
1日の給餌量はあくまで目安ですし、
猫に必要な1日のカロリーも目安でしかないです。

あなたの猫を一番よく知っているのはあなた自身。
目安の通りにきちんと計量することにこだわり過ぎず、
体型、体重を見ながら、あなたの猫にぴったりの
食事量、カロリーを探ってあげてくださいね。

それこそが、あなたの猫にとってのベストになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました